Petri Heil

主に釣り(Fly Fishing)のブログなんですが、横道にそれることが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Felda川

Felda riv

 外国人にとってドイツの釣りのライセンスの入手が大変難しいと言うのはよく知られていることですが、私がこれを知ったのは、前出のヘミングウェイのエッセイを読んだ時だったと思う。(これも記憶が曖昧なので思うとなってます。)

 ヘミングウェイはあちこちの女性と仲良くなっては、一緒に釣りに行ったり、あちこち出かけたりしていたようですが(羨ましい)。
 ドイツでもそういう事があって釣りに行ったのだけれど、ライセンスを入手すべくあちこち行くのだけれど・都度たらいまわしにあい、結局ドイツの釣りのライセンスのシステムにあきれ返って、彼女と交代交代見張り番と釣りをしたとか書いてあった。(と記憶してます。間違ってるかも。)
 
 そのエッセイですが、強く印象に残っているのは、”林”と、”土手”と”鱒釣りの川”なんですが、土手と言ってもそんなに高いわけでもなく、川といってもそんなに大きいわけでもなく、林と言っても隠れられるほど深いものではなく、、、見つからないかと恐る恐る釣りをするというシチュエーションが思い浮かぶようなものでした。

Felda川は、2003年赴任してからネットサーフィンしていて見つけたのですが、ちんぷんかんぷんなドイツ語でもこのHPのFelda川の紹介のところに書かれている”Ernest Hemingway”に、これはヘミングウェイという名前であることは直ぐに気が付いて、下の写真を見たのですが、この川がひょっとしたら、このエッセイに書かれていた川のことなのかなと思ったのでした。
 私のイメージよりも幾分小さい川ですが、土手らしき川岸や、林らしき木々はイメージとぴったりでした。

 で、このFelda川ですが、この私の記憶とHPの紹介の文(後で、ドイツ語分かる同僚に訳してもらった)と、一度訪れたいと思っていたのですが、タイミング悪く実現できていません。 

 そんなわけでチャンスがあればこのFelda川へは一度行きたいと思っています
 このエッセイ読まれたことある方おりましたら、私のいい加減な記憶の訂正お願いします。それから、ヘミングウェイが実際にどこの川へ行ったのかご存知の方降りましたら教えてくださいませ。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/22(水) 04:07:14|
  2. Remebrance
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワインテイスティング3 | ホーム | 運河での鱒釣り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fffjmt.blog50.fc2.com/tb.php/33-9ba7d9f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Basic Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

FJMT

Author:FJMT
2010年10月末でドイツから帰国しました。(デンマークのシートラ、スロベニアは楽しかったなぁ。。。)

次の勤務地は新潟は長岡になります。
ということで魚野川水系が次のHome River?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。