Petri Heil

主に釣り(Fly Fishing)のブログなんですが、横道にそれることが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

砥石

アメリカ出張中に購入したアルカンサス砥石。
ものにもよるけど、近年生産量が落ちてきてグレードの高いものは20万円とかします。
まだらが模様だったりするのはあまり良くないとのことですが、透明感のあるのが良い
ものとされています。
今回、ソフト(中砥)、ハード(仕上げ砥)を手に入れ早速家にある刃物を研いでみました。
#ちなみに、アルカンサス砥石はオイルストーンですので専用オイルも合わせて購入しこちら
 も入手済みです。

RIMG0194.jpg

包丁、ナイフは高硬度のものばかりで研ぐのが難しいのですが、この砥石さすがによく砥げます。
楽しい。


実は私プチ刃物フェチ。
#これまで何本も結構良いナイフを購入しては使ってましたが、年に2,3度だけキープする
 ヤマメのハラワタの処理をした後、そのまま河原に置き去りに、、、、ということで今手持
 ちのナイフは真ん中の一本だけ。ブレードはATS34。硬度Hc=60。 高級ナイフ定番。
 約2カ月かけて紙やすりやぴカールでしこしこと鏡面仕上げしました。でも今は傷だらけ。

包丁は、Hc=63の日立金属性の粉末冶金をヘンケルが商品化したもの。よく切れます。
ぺティナイフは、東京杉本の炭素系鋼。Hcは不明ですが、さすがによく切れます。
 (ただ直ぐに錆びる。)

と、こんな感じですが、
ナイフ用鋼材として非常に固い材料として、DZP189、カウリXといったものがありそそられます。
で、こういった鋼を使ったナイフを物色中。
ラブレスとか何十万円もして竹竿どころではないのですが、なぜかそそられます。
<参考>
http://www.odclub.net/knife_custom/foreign_custom/knife_loveless.html


とりあえず、手頃なこのあたりからか、、
http://www.naturum.co.jp/item/922388.html


特別にこれといった用途が決まっている訳ではないのだけれど、、、なぜか欲しい。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 21:02:51|
  2. Daily life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Basic Calendar

<02 | 2011/03 | 04>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

FJMT

Author:FJMT
2010年10月末でドイツから帰国しました。(デンマークのシートラ、スロベニアは楽しかったなぁ。。。)

次の勤務地は新潟は長岡になります。
ということで魚野川水系が次のHome River?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。