Petri Heil

主に釣り(Fly Fishing)のブログなんですが、横道にそれることが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Adios OV

欧州生活最後のFF、OVへ行ってきました。
最後の最後に、女神は冷たかった。
氷雨・強風・生命反応無し・・・・

完敗です。
それでもこれまで楽しまさせてせてくれたOVと、
よき釣り友達にに乾杯。
楽しかったです。


実は、こう魚臭くも無く・竿も曲がらずというのも
実に自分らしくて良かったですよ。

#途中98元名誉会長から電話あり
 「どうでっか?」
 「私、何をしていたのか記憶が無いのですが、、
  たしか釣りをしていたような気もするのですが、、」
 「アハハハ~~、、、」(嬉しそうな軽い笑い。。)
 「感じわるぅーー・」
  横で聞いていた、Bさん、KSKさん
 「ははは。」

 いまままで何度も見てきたシーンの様な気がするので
 すが、、、。(なんで今回は逆やねん)
 やっぱり人生は甘くは無いのですね、、、、、。(反省)
 
さて、もう直ぐ帰国です。

日本に帰って落ち着いたらヤマメ釣りに行こう。

友釣りへも行こう。(道具買いなおさないと)

東北へは必ず行こう。

山登りにも行こうかな。

#仕事もきっとやまほどさせられる。(涙)

と、日本人に戻らねばなりませぬ。戻ったなりに
しないといけませんね。

それから、
まだ欧州に残られるみなさん、時々日本からこられる方々、
釣れる釣れない、心が満たされる・折れる・・・・・・
全部ひっくるめて楽しんでくださいませ。

ではでは。

Ciao!



スポンサーサイト
  1. 2007/02/12(月) 17:04:23|
  2. Other (Fishing)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

またまた素人のワインの話

ハンガリー⇔ドイツの出張時に利用するのはほとんどの場合ウィーンの飛行場なのですが、チェックインするとワイン屋さんがあります。
ここで待ち時間の間軽くグラス一杯か2杯飲んじゃう時があります。(というか、ほぼ毎回。)飛行場内というということで割高では有りますが、カウンター越しに店員のお姉さんと話が出来たり、他の客と話が出来たりすることがあったりと、時間合わせにはちょうど良いわけです。

昨日も何時ものごとくカウンターで一杯(この時はなんとなく気分的にさっぱりしたかったのでシャルドネ、でもあんまり良くなかった)をちびちびとやっていると、隣に座ったオーストリア人の二人組みがなんとボトルをオーダーしてた。
(だけど飛行機の待ち時間にボトル開けますかね?普通?)

気になって見ていると、とても綺麗な黄色みがかった濃い感じの白ワイン。 最近シャルドネのこういう感じのを飲んだことがあって「良いな」と思っていたばかりだったので、このオーストリア人2人に
「それはシャルドネ?」
と聴くと、
「いや、全然違う種類で、オーストリアのオリジナルなんだ」
とのこと。
(こういう、おらが村自慢話というのは、どこに行っても皆良く喋りますね、しかもたいがいしつこい(笑)。でも私こういう話を聴くのは結構好きです。)
で、私にもすこし分けてくれて味見(ティスティング)させてくれた。

リースレリングの遅摘みに近い味だったので、「そうなのか?」と聞くと、
「まぁ、リースリングと近い。けど、違う、これはオーストリアの
なんたら(又、名前記憶できなかった)なんだ。」
「オーストリアのオリジナルなんだ、これが最高なんだ、リースリングと一緒にするな、、、、、、、」
と、またおらが村自慢話となり、ふむふむと素直に聞いておりましたところ、最後に彼らが言ったせりふが、
「ワインは音楽や、文化と同じだ。で、このワインはモーツアルトのようなものだ。」
とのことでございました。

たしかに、モーツアルトと強い赤ワインというとのピントこないし、どちらかと言えばブラームスやワーグナーのようなイメージです。、、でもすっきり軽い白でもないですね。

やや甘い、まろやかな、かつ強みのあるこの白ワイン。

言われてみて、たしかにこのおじさんが言うようにモーツアルトのようなのかもしいれないな、と思いました。

  1. 2007/02/09(金) 18:43:00|
  2. Other (Fishing)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワインテイスティング5

Merlot


と、いうことで昨日はメルローのティスティングでした。

2年ほど前にも一度同じようにハンガリー国内のメルローのティスティング会があり参加したことありました。このときの感想は、メルローは範囲が広い(悪く言うと出来・不出来の差が激しい)ということでした。
で、今回もやはり同じような感想。ただでさえティスティングとかいうと難しく感じてしまうのに、さらに難しい。
とはいうものの、やはり値段と味はリンクしていて、この日は5~20Euro程度のもの8本でしたが、上の2本は良いものでございました。後の6本は良く分からなかった。

(今回、会費が安かった(13EURO)ということで、あんまり良いのは出てこなかったということでもあり。まぁ当然か。)

開高健が「心はアマチュア、腕はプロ」と彼の釣り師ぶりを自己評価してたけど、腕(舌)はプロとまでは行かなくても、「心はアマチュアだけど結構分かってきたかな」という感じは自分でもする。何を偉そうにと思う諸氏もあろうことかと思いますが、やっぱりワインは旨い・楽しい。
 先日、ブダペストのレストランに入ったら、メニューのワインリストの表紙に「人生を幸せにしてくれるのはワインだけ」と書いてあった。 大げさな!とは思いますよ。でも一部頷けるのでありました。


とはいうものの、そんなに高いワインなんてそうそう飲めるものでもなく、ボルドー、ピエモンテ、ブルゴーニュといったワインも実は35EURO以上高いものは(自分で買って)飲んだことありましぇん。^^;;

何故なら、
10EUROのワイン:SOSO
15EUROのワイン:Good
20EUROのワイン:Very Ggood
25EUROのワイン:Excellent
30EUROのワイン:幸せ!
って感じですが、
50EUROのは?100EUROのは?、、、、と考えると恐ろしくなるからです。

そう、アマチュアのままで良いのです。

趣味は何事もプロとアマチュアの中間が楽しいと言いますね。ここで、再度開高語録ですが、
「漂えど・沈まず」ということであろうか。。。
  1. 2007/02/08(木) 20:46:05|
  2. Daily life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お買い得ワイン

どういうわけか、何時もワインを買ったりテイスティング会に参加させてもらったりしているハンガリーのワイン屋では一部のイタリアワインを安く売っています。
例えばトスカーナ アンティノーリのティニャネーロ、ブルネロディモンタンティーノなどドイツで60EURO、50EUROで売っているものが、42EURO、39EUROで売ってます。
これが今日お店に行ってみると更に今月は一律20%offということだったので、このブルネロディモンタンティーノ2000年物を2本買いました。2割引で32EURO弱。
多分日本だと1万円近くするんではなかろうかこのワイン、、、、。


私がヨーロッパに来て初めて「これはうめぇ」と唸ったワインはバローロの30EUROくらいの奴でした。ブルネロディモンタンティーノはこれまで何度か飲んだことありましたが、懐具合で何時も低価格帯のものばかりだったせいか、旨いという記憶がありません。なもんで今回のこの2本には期待大です。しかも2000年ものですからね。

以前のテイスティング会でティニャネーロ2003年物を楽しまさせていただいたのですが、これは実に重厚な、太陽の光をいっぱいあびた渋みがドスンとくるというようなすんげぇ良いものでした。
ブルネロディモンタンティーノはも少しブドウの香りが漂ってくるというイメージなのですがはたしてどんな味がするのだろうか。。。

おぉーめちゃめちゃ楽しみ!

ということで、ちょっと嬉しい買い物をした嬉しい一日でした。


ちなみに明日は水曜日。好例のテイスティング会の日です。
明日のテーマは2005年もののメルローとのこと。
もちろん参加です。こっちも楽しみ。

あぁーワインは楽しいなぁ。

  1. 2007/02/07(水) 03:54:36|
  2. Daily life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Basic Calendar

<01 | 2007/02 | 03>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

FJMT

Author:FJMT
2010年10月末でドイツから帰国しました。(デンマークのシートラ、スロベニアは楽しかったなぁ。。。)

次の勤務地は新潟は長岡になります。
ということで魚野川水系が次のHome River?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。