Petri Heil

主に釣り(Fly Fishing)のブログなんですが、横道にそれることが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Orava川 再訪(29日)

orava 29



2日目(29日)。
前日の天気予報では”雨”。
この予報通り朝目が覚めるとかなりの雨でした。(涙)
雨といえど、他にすることも無くやはり川へ行く。
気温はそれほど低くなく12度ほどあり、川の濁りも入っていないので、上流部へ行ってみる。前日の釣り場よりも数キロ下流。(ちなみに、この釣り区間は約20kmあります。)

初めてのポイントなので車を置いて適当に入渓。雨脚が強くライズの釣りは難しいだろうと思いチェコニンフスタイルではじめる。
しかし入渓点は浅いザラ瀬が続いており、前回の釣行から浅瀬には居ないだろうと思い(決め込み)、下流に大きくカーブしているところがあったのでここへ移動。
 で、移動中ラインを出したままウェーディングしていると、誰かが竿を引っ張っている(?)、、ん?これはひょっとすると、、、、そうなんです、釣れてました。^^;;; 30cmくらいの虹鱒でした。
#写真撮ろうかとも思ったのですが、、、途中で逃げられました。

そんなこともあり、で、写真のポイントに着。

カーブしている瀬の流れ込みから深瀬・深いトロ瀬と絶好のポイントを形成しておりました。
岸よりをニンフを流しながら下っていくとナイスな当り。40cmくらいのブラウンでした。(岸まで寄せてきて写真撮ろうとしているうちに逃げられた。)
結構簡単に釣れたので、もっと沢山釣れるかなと思ったもののこの後全く反応無し。ニンフ、ドライ、ストリーマー、ニンフ、ドライ、ニンフ、、、魚居るのか?というくらい何も無し。
(実はストリーマーを引っ張ったのは万が一でもHuchenこないかなぁ、、という下心もあったけど、、、そんなの微塵も無し。(苦笑))
 雨も、ひどく降ったり、時々止んだり、又降ったりと、そんな中このポイントで上記のごとくあれこれやるものの全く駄目で移動。 

今度は入渓点から上流へ。
ここは浅いトロ瀬が広がっています。ウェーディングしてしばらく川の様子をうかがうも全く生命反応無し。とりあえずニンフ、ドライと流すものの当然のごとく何も無し。
 で、この後パンとジュースで簡単な昼をとり、再度同じ場所へ。

で、時々雨が止む合間にライズが始まりました。(虫はそこそこ出てた。)

ライズの主は結構なサイズで、どうもグレイリングではなさそうだし、ブラウンでもなさそうでした。で、一時5匹位がライズ。前方180度
でライズと嬉しい状況。そのうちの一匹はさっきウェーディングしてきたところだったり。突然の高活性状態。
#もさっきまでなんだったのだろうという感じ。

ここでやっとドライでひっと。

Rainbow Orava oct_06


45cmくらいありました。

この後もう一匹かけるもののバラシ(多分ブラウン)、遠くでライズしているやつは釣れなかった。
そんな状況が1時間ほど続いたのですがその後雨脚が強くなり撤退。

ということでこの日の釣果
虹鱒2匹 30c,45cm
ブラウン1匹 40cm
   ≫続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/10/30(月) 20:20:20|
  2. Fly Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Orava川 再訪(28日)

orava 28


先々週に続いて、Orava川へ行ってきました。
2週間ですっかり紅葉も進んで、さらに赤く色付いた川沿いの広葉樹が綺麗です。
この日は明け方雨がぱらぱらと落ちていたものの8時過ぎには止み、釣りを始めた9時半頃にはすっかり晴れ気持ちの良い天候でした。
 釣り場は前回の二日目にライズの釣りを楽しんだ時と同じ区間最上流部へ。気温もそれほど低くなく、コカゲロウと思われるハッチもあり期待は高まる。
 まだ若干時間が早いのかライズは無く、それでもドライ(#18,16)ではじめる。と、いきなり手前の浅瀬でヒット。そこそこサイズのブラウンと思わしき魚が掛かるもバラシ。 おぉー活性高いかも?
 その直後又ヒット。が、バラシ。 さらに今度はグレイリングらしき魚をバラシ。
#どうも、小さいFlyを使った釣りは慣れていないせいか難しい。先週に続きバラシばかり。

11時頃からライズが増えるかなと期待していたものの、先週よりも少ない。半分くらいかな。 で、これが又手強い。ちっとも食ってくれない。 1時間半ほどして諦め下流へ。

orava 28-2

この写真の少し上流で先週と同じ場所で2匹のグレイリングらしきライズを見つけ、ここでやっと一匹ゲット。30cm位の小型のグレイリングでした。もう一つのライズもヒットできたもののバラシ。
これでライズがなくなり、 で、写真のところへ。

Orava川の水の色は、ようぶんが溶け出しているせいなのか、クリアではなく黒艶やかな流れ。で、このように見えますが、ここは浅いトロ場となっていて、いたるところバイカモが生えていています。時々バイカモの際や、流れの筋でライズがあり、広々としたトロ瀬でウェーディングでのライズの釣りとなりました。
 ここではなかなかのサイズのブラウンを幾つか釣り上げること出来ました。

これはこれで楽しかったし嬉しかったのだけれど、やはり今回の目的・グレイリングなのだと、早朝のポイントへ戻る。

戻ってみりると相変わらず同じ場所でライズがあり、これは明らかにグレイリングと分かるものが2つ。
で、ここから格闘。 二股かけながら下流のライズ、上流のライズ、パラダン、コンパラ、CDC、小型EHC、グレグレ、、、、だけどホント釣れない。ここまで釣れないと頭にくるというより笑ってしまいますね。あんたは偉いっちゅー感じです。
 しかし、しかし、しかーし、格闘1時間半後、やっとやっとやーーっとグレグレにて満足の一匹
#嬉しかったス。

でももう一つのライズの主は結局Flyを見に来ることすらしなかった。

とこんな感じで、土曜日の釣り終了。

結果
 グレイリング2匹 30、40cm。 バラシ3匹(多分)。
 ブラウン 5匹、30~38cm。 バラシ多数。
  1. 2006/10/30(月) 05:13:29|
  2. Fly Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Basic Calendar

<09 | 2006/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

FJMT

Author:FJMT
2010年10月末でドイツから帰国しました。(デンマークのシートラ、スロベニアは楽しかったなぁ。。。)

次の勤務地は新潟は長岡になります。
ということで魚野川水系が次のHome River?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。