Petri Heil

主に釣り(Fly Fishing)のブログなんですが、横道にそれることが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワインテイスティング

今いるハンガリーの町に好意にしているワイン屋さんがあります。
初めて店に入ったときに、あれこれと結構なワインをテイスティングしてくれたり、値段が他の店より安かったりということで、ハンガリーのワインを購入するときは何時もこのお店です。
 この店、2週間に一回テイスティングを開いており、これまで3度ほど参加したことがありました。テーマは色々である日は、赤白ハンガリー3本筒と、他の国赤白3本筒とか、又ある日はメルローだけとか、又ある日はハンガリーの地域限定だったり、、、。
 ハンガリーワイン特に赤はあまり世界的には有名ではありませんが、トップクラスといって良いと思えるほど”旨い”です。しかしながら値段はリーズナブルと嬉しい限りです。

 で、さて、昨日のテイスティングのテーマは外国(ハンガリー以外の国)から、7EURO~50EUROクラスの赤ワイン5本、白2本。
●フランス Rhone地方の7EUROくらいの
●アルゼンチン 9euroくらいの
●オーストラリア シラーズ(有名なPenfords) 18euroくらいの
●イタリア トスカーナ(有名なアンティノーリ)の25euroくらいの
 キャンティ クラシコ
●イタリア トスカーナ(有名なアンティノーリ) 50euroくらいの
 名前忘れた。^^;;

●スペイン バルセロナの白(ブドウの名前忘れた。) 値段不明
●オーストラリアの白(シャルドネ)値段不明

というエントリー。

結果ですが、ほんと値段と味というのはこうもリンクするものなのか、、、と唸らされました。やっぱり50euroのワインは重々しく”旨かった”

白は、、まぁ、、、良く分かりませんでした。^^;;
そういえば今年の夏にSchwarza川でキープして料理してもらった”グレイリング”(カリカリにあげたフライにレモンをジューっとかけたやつ)と、すっきりしたシャワシャワした感じの「シャルドネ」という組み合わせは実に良かったす。

っと、話がそれた、
 で、昨日はそういうことで結構良いワインをテイスト出来たわけですが、50euroのアンティノーリよりも15~20euroくらいのハンガリーワインの方が、”重さ”はじゃっかん軽いかもしれないけど味と広がり具合とか全体のバランスはこっちの方が良いというのが感想。

#ということで買って持ち帰ろうっと。    ≫続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/10/19(木) 21:37:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Basic Calendar

<09 | 2006/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

FJMT

Author:FJMT
2010年10月末でドイツから帰国しました。(デンマークのシートラ、スロベニアは楽しかったなぁ。。。)

次の勤務地は新潟は長岡になります。
ということで魚野川水系が次のHome River?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。