Petri Heil

主に釣り(Fly Fishing)のブログなんですが、横道にそれることが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Positive Feed-Back

取り込み中

釣れるとその釣りたての元気な魚を囮にするとまた釣れる。
釣れないと囮の魚が弱ってきてさらに釣れない。

まさに釣り人はたくさん釣るけど、釣れない人はほんと釣れない。

という好・悪循環のはっきりする友釣りです。

6,7年ぶりにやってきました。場所は日本海早川。

で、結果ですが、、、朝一からお昼過ぎまでやって、
まさに好・悪循環がはっきり出て、
一緒に行った職場のプロ級の同僚33匹。
私3匹。
ということでした。
#もうちょっとは釣れるかなとは思ってたのに。。。。

今年は雨が多くて水温が低く、石には泥がかぶって垢の着きも悪い
ということで魚の成長が悪くマイクロAYUばかり。。。。

囮をすーっとポイントへ送りこむとガッツーーンと という豪快な釣りは
今回はありませんでしたが次こそは!


それから日本海方面はヤマメ・イワナの好釣り場も多く、こちらも楽し
みにしていたりします。



スポンサーサイト
  1. 2009/08/09(日) 15:04:34|
  2. Other (Fishing)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐久市 岩村田

この度、お仕事の都合で6月16日よりこちらに独居することになりました。

歩いて3分のことろに湯川。
歩いて5分のところにFFプロショップ 「マウンテンロックリバー」

と、恐ろしき偶然が重なりまして、たぶん釣り三昧の日々となりそうです。

少し遠出して、糸魚川方面、木曽福島方面など漠然と考え始めております。

#東北はちょっと遠くなってしまいましたが、少し長い休みがあれば行けないことはないでしょうね。


ちなみに、住まいは1LDK 6畳の寝室と8畳のリビングということですので、遊びに来てくださいませ。
  1. 2009/06/13(土) 10:25:22|
  2. Other (Fishing)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Adios OV

欧州生活最後のFF、OVへ行ってきました。
最後の最後に、女神は冷たかった。
氷雨・強風・生命反応無し・・・・

完敗です。
それでもこれまで楽しまさせてせてくれたOVと、
よき釣り友達にに乾杯。
楽しかったです。


実は、こう魚臭くも無く・竿も曲がらずというのも
実に自分らしくて良かったですよ。

#途中98元名誉会長から電話あり
 「どうでっか?」
 「私、何をしていたのか記憶が無いのですが、、
  たしか釣りをしていたような気もするのですが、、」
 「アハハハ~~、、、」(嬉しそうな軽い笑い。。)
 「感じわるぅーー・」
  横で聞いていた、Bさん、KSKさん
 「ははは。」

 いまままで何度も見てきたシーンの様な気がするので
 すが、、、。(なんで今回は逆やねん)
 やっぱり人生は甘くは無いのですね、、、、、。(反省)
 
さて、もう直ぐ帰国です。

日本に帰って落ち着いたらヤマメ釣りに行こう。

友釣りへも行こう。(道具買いなおさないと)

東北へは必ず行こう。

山登りにも行こうかな。

#仕事もきっとやまほどさせられる。(涙)

と、日本人に戻らねばなりませぬ。戻ったなりに
しないといけませんね。

それから、
まだ欧州に残られるみなさん、時々日本からこられる方々、
釣れる釣れない、心が満たされる・折れる・・・・・・
全部ひっくるめて楽しんでくださいませ。

ではでは。

Ciao!



  1. 2007/02/12(月) 17:04:23|
  2. Other (Fishing)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

またまた素人のワインの話

ハンガリー⇔ドイツの出張時に利用するのはほとんどの場合ウィーンの飛行場なのですが、チェックインするとワイン屋さんがあります。
ここで待ち時間の間軽くグラス一杯か2杯飲んじゃう時があります。(というか、ほぼ毎回。)飛行場内というということで割高では有りますが、カウンター越しに店員のお姉さんと話が出来たり、他の客と話が出来たりすることがあったりと、時間合わせにはちょうど良いわけです。

昨日も何時ものごとくカウンターで一杯(この時はなんとなく気分的にさっぱりしたかったのでシャルドネ、でもあんまり良くなかった)をちびちびとやっていると、隣に座ったオーストリア人の二人組みがなんとボトルをオーダーしてた。
(だけど飛行機の待ち時間にボトル開けますかね?普通?)

気になって見ていると、とても綺麗な黄色みがかった濃い感じの白ワイン。 最近シャルドネのこういう感じのを飲んだことがあって「良いな」と思っていたばかりだったので、このオーストリア人2人に
「それはシャルドネ?」
と聴くと、
「いや、全然違う種類で、オーストリアのオリジナルなんだ」
とのこと。
(こういう、おらが村自慢話というのは、どこに行っても皆良く喋りますね、しかもたいがいしつこい(笑)。でも私こういう話を聴くのは結構好きです。)
で、私にもすこし分けてくれて味見(ティスティング)させてくれた。

リースレリングの遅摘みに近い味だったので、「そうなのか?」と聞くと、
「まぁ、リースリングと近い。けど、違う、これはオーストリアの
なんたら(又、名前記憶できなかった)なんだ。」
「オーストリアのオリジナルなんだ、これが最高なんだ、リースリングと一緒にするな、、、、、、、」
と、またおらが村自慢話となり、ふむふむと素直に聞いておりましたところ、最後に彼らが言ったせりふが、
「ワインは音楽や、文化と同じだ。で、このワインはモーツアルトのようなものだ。」
とのことでございました。

たしかに、モーツアルトと強い赤ワインというとのピントこないし、どちらかと言えばブラームスやワーグナーのようなイメージです。、、でもすっきり軽い白でもないですね。

やや甘い、まろやかな、かつ強みのあるこの白ワイン。

言われてみて、たしかにこのおじさんが言うようにモーツアルトのようなのかもしいれないな、と思いました。

  1. 2007/02/09(金) 18:43:00|
  2. Other (Fishing)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Huchen

Huchenをヒューヘンと発音するとばかり思っていました。
開高健がドイツのバイエルンのホテルでオヤジとのあいだでした話しがフィッシュオンに載ってましたね。(”黒い森”のときに本の題名”オーパ”と書きましたが、”フィッシュオン”の間違いでした。 なにせ20年以上前の記憶なんで。。。スミマセン)
ここでは、ヒューヘンと書かれていたと、これも遠い記憶なのですが、そのように記憶していました。(他に覚えていた言葉が、ビーダーゼーン、とフィーレンダンク。なもんで、初めてドイツに出張できたときこれらの記憶が浮かんできました。)

 時々、オーストリア人、ドイツ人の釣り師とこのHuchenの話をするときがありますが(いつでも私の方から聞くのですが)、「ヒューヘン」と発音しても一瞬通じません。たいがいの場合「あぁ、フッヘンね」というリアクションです。
 ということで、もしも彼らとHuchenの話をしたいと思う時がありましたら、「フッヘン」もしくは「ドナウ ラックス」と発音するのがよろしいかと。。。 

 まま、発音はどうでも良いのですが、こういう遠い記憶(他には釧路湿原で泥鰌をえさにして釣った話とか)のせいだと思うのですが、イトウを一度釣ってみたいという欲望が、消えるでもなく・燃え上がるでもなく細々と続いております。(どういう訳か鮭にはこういう欲望があまり沸いてこないんです。)
 で、やっぱり折角のチャンスですからね、”ヨーロッパに居る”という。
 釣れる釣れないは別としてもチャンスがあるということで色々と調べてみたのですが、キャスティング・タックル以外に高い障壁がありました。ライセンス料です。 ウィーン近辺で一番魚影が濃いというピラッヒ川のライセンス料はなんと一日150EURO。ぶったまげプライス。
 他にはMur川ですが、Huchen釣りには年間ライセンスが必要とのことで一日でも1週間でもとにかく1000EUROほどかかるとか。。。。
 もう泣きたくなってきました。(もともとFly-Fishingは金持ちの遊びだということは知っていましたが、何もこんなに高くなくてもねぇ、、、。)


 ところが、、、良いもの見つけました。
それはスロバキア。ここにも結構居るそうです。ライセンスはそれほど高くないとのこと。

 うーん、となるとやはり現実的な問題(タックル一式)をクリアしないと。
 
 釣りのシーズンは晩秋以降。さて私にこのチャンスは訪れるのだろうか。。
  1. 2006/08/30(水) 20:25:03|
  2. Other (Fishing)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Basic Calendar

<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

FJMT

Author:FJMT
2010年10月末でドイツから帰国しました。(デンマークのシートラ、スロベニアは楽しかったなぁ。。。)

次の勤務地は新潟は長岡になります。
ということで魚野川水系が次のHome River?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。